2017年9月10日の思い出


2017年9月10日

確か今日
そう、ちょうど2年前の今日だったと思います
少し、少しだけドキドキしたんです
僕って普段はそんなに慌てないんだけど
おかしいな、その日は違ったみたいです


そう、730日前
その夜はいつもより眠れなくて
でもその朝はいつもより早く目が覚めて
「遠足前の小学生かよ」なんて1人でツッコミしたっけな。英語で



それが、1万と7450時間前…か。
「これから長い旅が始まるんだー」って不安もあったけど、期待のほうが大きかった
あの人たちの顔が浮かんで、ごめんねって呟いたっけ。英語でね




もう、105万1200分も経つんだ
発車間際、駆け込むように電車に乗り、追われるように町を出た
ウィンドウ越しの町にお別れ
町のウィンドがもう待ち遠しいのは不思議だったな
そこからが幸せだったなぁ
あの場所から僕の人生は始まったんだなぁ





忘れるわけもない、ああ、忘れられないよ
63072000秒前、今もまだその時間の中に
今もこの場所にずっといるんだ
離れたくない、肺一杯に空気を吸い込んで、誰かに分けてなんかやるもんか
あの瞬間から僕はやめられない
決めたんだ。ずっとこの場所にいる
どうかお願い。神様お願い。一度だけ祈ります
僕のすべてを捧げて祈ります















「女性専用車両サイコォォォォォ」




※この物語はフィクションです?プライバシーの保護には最大限努めました
それじゃあ変態、ッパぁ


思い出一覧に戻れる