未定(募集中)


ヤラしすぎる 幼い蝶 羽休めてる
肩にとまる 白い指が 息洩らす

深いしげみをかき分け 甘い蜜を吸う
淫らな粉 月夜におどる 風に舞う

火照る唇を 重ねてみればわかるさ 指先までしみこむ愛の味
燃える眼差し 頬をつたい 胸を濡らす熱い涙

抱いて 殺して 一晩だけ隣にいて
月が 沈めば もう消えているから

聞かせてくれ 笑ったまま ねむりたいから
不安なまま 明かりを消す 遠い朝

思い出右の手の中 言葉にできない
優しく羽をもぎ取られて すがっていた

幸せだよと 微笑んでみればわかるさ 偽りと知りながら蝶の舞
震える声で 吐いた嘘は 届くまえに闇に消えた

抱いて 殺して 一晩だけ隣にいて
月が 沈めば もう消えているから  


楽曲紹介に戻れる